炎の馬券人

馬券で勝負する男の生き様を描く・・・なんて格好良いものではありません。
(なおここに書かれてある事は全てフィクションであり、本文を信じて貴方に如何なる被害が及ぼうとも当局は一切関知しないのでそのつもりで。)
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | -
    << う〜ワンワンワン!弥生賞&中京記念 | main | 後悔はしていない・・・。 >>

    ○○のレベルについて・・・

    自分の馬券が当たらないのを騎手のせいにする訳では決してないのですが、たらーっ

    騎手のレベルは低い。

    この件に関しては賛否両論があるでしょう。ノーノー
    「レースで馬に乗った事もない人間が何を言うか!」怒り
    とお怒りの方もおられる事でしょうが、今回は個々の騎手の技量ではなく、
    他の競技(野球野球、サッカーサッカーなど他のプロスポーツ)と比較しての話です。
    「なんのこっちゃ、他の競技と比較できるかいな!」聞き耳を立てる
    ツッコミありがとうございます。
    これは、競技のレベルは、その競技人口に比例すると言う理屈からです。
    裾野が広ければ頂上は高くなり、優秀な人が出てくる確率も上がります。
    例えば日本なら、野球野球、サッカーサッカーのレベルが高いと言えますね。
    高校の部活で例えると以下、テニステニス、バスケットボールバスケ、バレー等が続き、
    卓球やバトミントンはどちらかと言えば人気がありません。ポロリ
    つまり、野球、サッカーに比べ卓球、バトミントンのレベルは低い事になります。
    (卓球、バトミントン愛好者の皆さんごめんなさい)m(_ _)m
    学生時代を思い出して下さい。身体的にも恵まれ、見るからにスポーツ万能で
    女の子にモテル人はたいてい人気のスポーツをしています。ラブラブ
    (女性アナウンサーが結婚する人もやっぱりそうです。) 抱擁 悲しい
    もし野球部では補欠だった人が卓球部に入ったらどうでしょう?
    1年後には試合に出られるようになるかもしれません。
    でも、卓球部の主将が野球部に入ってもレギュラーになれるでしょうか?
    う〜ん、人一倍苦しい練習をしても、かなり厳しいと思いますよ。ノーノー
    サッカー部とバトミントン部が他の競技(野球やテニス)の試合をしたら
    やっぱりサッカー部が勝つでしょう。もちろん人によりますけどね。
    すなわち、卓球、バトミントンより野球、サッカーの方がレベルが高いんです。

    では騎手のレベルはどうでしょう。
    この理論からすると、プロスポーツ最下位ではないでしょうか。ムニョムニョ
    競技人口どころか、競馬なんてやりたくてもできないもんね。
    そもそも騎手になる為には体が小さくなければなりません。
    それだけで人数は大幅に限られます。さらに3年間も隔離された寮生活。モゴモゴ
    皆が高校へ進学するなか自分だけ違う世界に踏み込むのは
    かなり勇気がいると思いますよ。親も反対するだろうし・・・。バッド
    現在では中学生でも騎手になりたい人が少なからずいるようですが、
    武豊騎手が活躍する以前は、ほとんどが競馬関係者の息子でした。
    これでは優秀な人材が集まらないのも仕方ありませんね。ノーノー

    今年も8人の新人騎手がデビューしました。祝
    この中で10年後も騎手を続けている人は何人いるのでしょう?
    例え才能があったとしても、自分の力だけではどうにもできない
    競馬村社会の柵がありますからね。負けずに頑張れよ!グー


    ちなみに今回の理論では全く解明できない謎が競馬界にはあります。おや?ニョロ

    そっそれは・・・ 汗


    馬券を買う人の数は多いのに、

    なんで馬券のレベルは低いんですか ?

    ハッ!!!Σ( ̄ロ ̄lll)



    誰ぞ、教えて下され〜。たらーっ
    0
      馬券人が斬る! | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | -

        この記事に対するコメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        この記事に対するトラックバック