炎の馬券人

馬券で勝負する男の生き様を描く・・・なんて格好良いものではありません。
(なおここに書かれてある事は全てフィクションであり、本文を信じて貴方に如何なる被害が及ぼうとも当局は一切関知しないのでそのつもりで。)
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | -
    << 祝!ブログ開設一週間記念!!! | main | 七夕賞&マーメイドS回顧(TGR理論誕生!) >>

    織姫とマーメイド 女神はどっち?

    まっまさかプレシャスカフェが掲示板にも載らないとは・・・冷や汗
    我輩の必殺技が確かに決まった筈なのに・・・無念
    「決め手となる大技は相手がふらふらになった時かスキを見せた瞬間に使うもの。ヒーローものの主人公が序盤で必殺技を出す時は、たいていその技が破られる!」といふ島本先生の教えを今思い出した。orz

    だが考えてみると、まだマル秘「ゲート連結理論」が完全に破られた訳ではない。
    見る 良く見ればボールドブライアンも対象馬だったのだ。びっくり
    (ちなみに安田、宝塚記念のスイープトウショウも適合していた!)
    なにげに本日の東西最終レースも連結理論が炸裂していたりする。
    3連単をやめて馬連にすれば良いんだよな〜orz
    まだ我輩がこの技の真髄を完全に理解できていないのか・・・。ショック

    それにしてもすごい、凄すぎる!恐るべし「ゲート連結理論!」!?
    もしこの理論が悪の秘密予想結社の手に渡ったら大変だ!競馬ファンに甚大な被害が及ぶことになってしまう。一刻も早くこの必殺技を体得せねば・・
    頑張れ炎の馬券人!競馬ファンの未来は君の予想に懸かっている。

    えっ!H社長さんが函館SSを当てて、ぼろ儲けしているって、
    まさかH社長さんの正体とは秘密結社の・・・。いや彼に限ってそんなことはない、信じよう。


    という訳で前置きが長くなりましたが、予想を晒します。楽しい

    七夕賞の予想です。


    ◎2ユキノサンロイヤル レープロの七夕賞回顧は除雪だと・・・雪消しか?
    ○4ダイワレイダース  終わってみれば、またサンデーの1、2!  
    ▲8カナハラドラゴン   ドラが乗ってビシバシ、万馬券!
    買い目 3連単
    2−4−8、 2−8−4  各¥700×2
    4−2−8、 4−8−2  各¥200×2
    8−2−4、 8−4−2  各¥100×2

    マーメイドSの予想です。

    ◎5マイネサマンサ   Oh〜サマンサ!ん〜ダーリン抱擁
    ○9レクレドール    七夕といえば、竹ユカタ
    ▲7メイショウオスカル アンドレーぇ、穴獲れーぇ
    買い目 
    3連単 5−9−7  ¥1000
    3連複 5−7−9  ¥1000

    今回もまたくだらない事を書いてしまい、レース展望が書けなくなってしまいました。申し訳ありません。
    0
      凡人が予想しちゃうぞ! | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | -

        この記事に対するコメント

        もう手遅れだ。金になるものはとっとと金にして、
        庶民が気づいた頃にボロ雑巾のように捨てるのだ!
        ワハハハハハハハ!

        という訳で、今週はお互いさっぱりでしたね。
        本家大木凡人そっくりのテイストが素敵な貴blog、
        引き続き楽しみにしています。よろしく。
        H社長 | 2005/07/11 7:13 AM
        社長さん、いらっしゃいませ!
        書き込みありがとうございます。
        あまり大儲けするとJRAにマークされてしまいますよ〜。
        1%ぐらいはお役に立ってますか?
        こちらの方こそよろしくお願いします。
        また覗きに来て下さいね。
        bondo | 2005/07/12 9:24 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        この記事に対するトラックバック